ダンベルで筋トレをして腹筋を鍛える

腹筋を鍛える場合、器具がなくても行う事は出来ます。しかしダンベルを用いて腹筋を行うと、負荷が大きくなるため更に鍛える事が出来るようになります。ダンベルを使えば負荷の大きさを調節する事が出来て、効果的なトレーニングが可能です。

腹筋を鍛えるためのダンベルトレーニングには種類があり、ダンベルクランチとサイドベントとダンベルツイストがあります。ダンベルクランチは1番簡単な方法で、ダンベルを持って腹筋を普通に行うだけです。ダンベルはお腹の前で持って上体を上げるようにすると、負荷がかかるようになります。後は普通の腹筋のように、上体を完全に起こさず腰から上だけを起こすようにします。

サイドベントは片手でダンベルを持って、ダンベルを持った手の方に身体を傾けてダンベルを持ち上げる方法です。力を入れる場所は、ダンベルを持っている方の腕の握力と腹斜筋だけです。

ダンベルツイストはダンベルを両手で持って、体操座りをして腹筋を捻ります。上は固定をして、腹筋だけを左右に捻るだけです。ダンベルは腕を固定するために使用するため、腕に筋肉も付くようになります。最初は重さは軽くして、慣れてきたら少しづつ重さを重くしてくとより効果を得られるようになります。

http://drugtestingaustralia.info/