遺品整理ビジネス

遺品整理という言葉が一般的になったのは、実はここ最近の話です。
以前は部屋の片づけ作業のような引っ越しや便利屋さんの業務の一部として行われていました。
それが、高齢化社会が進んでいくにともない、遺産整理業は急速に成長し、新規参入の数が予想以上に増え続けています。

急成長市場で新規参入が相次いでいるのが、今の遺品整理業界の特徴といえるでしょう。
参入業種の流れとしては、まず、今まで遺品整理を取り扱っていなかった便利屋さんが、新たに取り入れていくことができるかを見極めながらサービスに組み込んでいくケースと、他業種からの新規参入のケースとあります
他業種からの参入は、不動産・葬儀業の下請けに専念していた業者が、利益率をあげるために直接受注に向かうケースや、所有するトラックがあり、人手も余っていることから業界へ参入するケースなどもあります。
このように、現在の遺品整理業界は、新たに参入してくる会社の業種は多岐に渡ります。そのため見積りに来た人の感じや、現場の経験もまったく異なりますので慎重に業者を選んでいく必要があります
try18