有酸素運動と体脂肪の燃焼について

有酸素運動は、体脂肪の燃焼に効果的な方法だといわれているようです。

この有酸素運動というのは、酸素を細胞に送り込めるくらいの呼吸を十分にしながらできる運動だそうです。自分の能力の半分くらいを使う運動で、目安としては息切れをしない程度です。すぐバテてしまうのできつすぎる運動は無意味だといえます。よくウォーキングや水泳、サイクリングなどが挙げられますが、これ以外にも有酸素運動がいろいろとあります。筋肉に乳酸が溜まることがないのは、運動自体は激しいものではないからです。体脂肪を徐々に燃焼させながら体を動かし続けることができ、運動がやや長めにできるでしょう。有酸素運動は人と会話ができるくらいの運動負荷で行い、体脂肪燃焼効果が出始めるのは20分くらいからです。最初は運動経験が少ない人は軽い運動にして、時間を徐々に慣れてきたら延ばしていくことがおすすめです。有酸素運動を体脂肪の燃焼につなげるためのポイントは、無理のないペースで継続して続けることでしょう。とくに有酸素運動によって燃焼しやすいと言われているのは、内臓脂肪のようです。内臓脂肪の方が皮下脂肪より毛細血管がたくさん通っています。血液中に体脂肪が流れ込みやすく、燃焼しやすくなるという仕組みです。いろいろな利点が有酸素運動にはあり、体脂肪燃焼効果だけでなく心肺機能の強化や血行促進、ストレス発散などがあるようです。
富士フィルム「アスタリフト」