肩こりと病気

肩こりをそのまま放置しておくと、大変なことになることがあります。時にしびれ、めまいなどの症状を引き起こす場合には病院を受診することが必要になってきます。

頸部の椎間板ヘルニアもその一つです。この症状としては首、肩などの痛み、さらに腕、がしびれたりする症状が表れます。

四十肩、五十肩は肩の関節の組織に炎症が起きる病気の一つで、痛みが伴い、腕を動かすのも困難に陥ってしまいます。

腕が動かせないと血流も低下し、肩こりも回復することが困難になるといった悪循環となります。

むち打ち症は頸部の筋肉の靭帯を痛めてしまうことがあり、頸椎症捻挫という呼び方をされます。

吐き気、めまい、頭痛など全身に症状が表れることもあります。

そしてまれに腫瘍が出来てしまうこともあります。

肩こりといって軽くみない様にすることが大切です。肩こりはその日のうちに取り除く様にすることが慢性化させないことにもつながります。

肩こり解消グッズ、鍼灸院から生まれた枕