歯石除去によって歯の状態がわかる

歯周病治療で歯石を除去すると歯がしみることがあります。
歯周病は本来、出ている白いエナメル質の部分だけでなく、歯茎に隠れている象牙質部分も出ていることが原因です。

その露出している象牙質部分が歯石によって覆われてしまっていることがあります。
そして歯石を除去することで象牙質部分があらわになってしまいます。そのことによって、しみることがあるわけです。

これは一時的なことなので、心配することではありません。
むしろ、歯石を除去することで健康な状態になったわけです。

さらに、歯がぐらつくという人もいます。
歯周病が進行してしまって、重度の人に起こる症状です。

重度になると骨が溶けてしまってきているわけですが、歯石がべっとりついていて歯石同士がつながる様になっているため、歯がしっかりしている様に感じることによるものです。

歯石を取ると当然ぐらつきが生じるわけですが、結果として歯石を取り、必要に応じては抜歯、そして歯を固定させて金属で被せる治療になっていきます。

このように歯石を取り除くと悪い状態の歯が表れてきますので、それに応じて治療が必要になってきます。

歯周病治療&予防 歯周ポケットを1mmまでに改善することで歯が健康に!