美肌から披露回復まで

冬至に食べると風邪をひかないと言われるかぼちゃ。それほど栄養価が高い野菜なんです。昔の人はかぼちゃの詳しい栄養価などで知らなかったと思いますが、実感としてかぼちゃが体に良いことをしていたのでしょう。

七草粥なども実は体に良いことが証明されていますが、これも昔の人の知恵だったのでしょう。さてかぼちゃの話です。かぼちゃはにんじんと同じようにカロテンを豊富に含んだ食べ物の一つです。カロテンは体に抵抗力を付け、風邪などの予防効果があります。また皮膚や粘膜の保護してくれる効果もあるため美肌などに裳効果的です。

またかぼちゃにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは廊下を予防したり動脈硬化を防ぐ働きがあると言われています。そんなビタミンEをかぼちゃは野菜の中でもトップクラスに含んでいます。またビタミンCも豊富なため疲労回復効果や精神を安定させてくれる働きもあります。

新鮮なかぼちゃは表面の皮がゴツゴツしてとても硬いのが特徴です。かぼちゃを持ってみてずしりと重みを感じるものは新鮮なかぼちゃの可能性が非常に高いです。半分に割ってあるかぼちゃであれば種がぎっしり詰まっているものを選びましょう。新鮮なかぼちゃは種の間に隙間がなくギュッと詰まっているので一目見てわかるはずです。
http://hoshiumi-nasake.com/
採れたてのかぼちゃはあまり甘みがなく美味しくありません。収穫してから1ヶ月ほど熟成させたものが甘みが増え一番おいしい状態になります。ヘタの周りがカラカラに乾いてくるのを待ってから調理するようにしてみましょう。