勝負は72時間

紫外線に当たり、数時間経つと、肌が赤っぽくなります。そして、24時間後、その赤みはピークに達します。

さらに3~4日、経つと肌は褐色になります。褐色というと何となく、健康的なイメージがしますが、実は逆です。

要するにくすむということです。褐色と聞くと、健康的ですが、くすむというとお肌に悪そうと誰でもが感じるのではないでしょうか?

だからこそ、このくすむまでの72時間がお手入れの勝負時です。

徹底した美白ケアを行う様にしましょう。美白ケアは普通は抗酸化剤になりますので、メラニンができるまでの間に行うことによって、メラニンができ、増加するのを防ぐことが出来ます。

もし、赤くヒリヒリしていたら、皮膚科に行くことをおすすめしますが、そうでなければ、日焼けしたと思ったその時から短期間集中の美白美容液をつかったり、成分が安心できる高濃度の化粧品などによって、シミができるのを防ぎましょう。

できてしまったシミを消すのは難しいですが、できそうになったシミをメラニン放出を防ぎましょう。