不動産売却専任媒介契約とは

不動産を売るときの不動産売却専任媒介契約とはどんなことでしょうか。不動産売却専任媒介契約とは、専属専任媒介契約と似ていますが、少し異なる点もあります。専任媒介契約は、仲介する不動産業者は一社に限定されていて拘束力が強い特徴があります。もし、自分で契約者を見つけた場合には、営業費用などを専任媒介契約している不動産業者に支払う必要があります。反面、不動産売却専任媒介契約の場合には、親戚や直接交渉により自分で見つけてきた相手に不動産を売却する差には不動産売却専任媒介契約をしている不動産業者を通さずに契約できます。不動産売却専任媒介契約をした場合には、2週間に1回以上の進捗状況の報告が決められています。比較してみると、不動産売却専任媒介契約は、専属専任媒介契約と似ていますが、拘束力がやや低いという特徴があります。不動産業者に依頼するのと同時に知人や親戚などにあたって不動産を売却することも視野に入れているならお勧めの方法です。媒介契約には、「専属専任媒介」、「専任媒介」、「一般媒介」の3種類があるため、自分がどうしたいのかによって決めるのが良いでしょう。
家 売りたい