少量の紫外線は浴びた方が良い

赤ちゃんの日光浴、昔はよくその光景を目にしていたものですね。

日光浴をすると、ビタミンDが体内で作られるからです。

 

でも、現代は日光浴をしなくても食生活でビタミンが取れるから、日光浴しなくても大丈夫ですよね。と言われますが、それはちょっと違う様です。

食物から取れるビタミンDと日光浴によって作られるビタミンDとは少し違います。

日光浴によって作られるビタミンDは腸管からカルシウムが吸収されるのを高めてくれるので、強い骨ができます。

紫外線が体内に入り、初めてビタミンDが活性型のものになるのです。

このようなビタミンDは食物からはとることはできません。

 

だからといって、わざわざ日光浴を浴びる必要はありません。少しだけ紫外線に浴びるだけで十分です。

UVカット剤を塗っていても、極微量の紫外線はお肌の中に入るから、それだけで十分です。

紫外線を浴びるのが嫌だからと言って部屋の中にいるよりも、しっかりUVケアをして、外に出る方が、逆に健康的だということですね。