健康づくりは腸内環境次第

腸内環境という言葉があると思います。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌がすんでいます。

健康な人の腸はこの善玉菌の比率が高く、酸性の状態です。
悪玉菌が多くなると、アルカリ性になっていきます。そしてその割合が高くなると腸内腐敗へと進んで、便秘、下痢、さらにからだ全体の不調へと進んでいきます。

腸内細菌と呼ばれるこの菌、腐敗が進むと、下痢、便秘、免疫力の低下、体調不良、発がん物質の発生、肌荒れといった症状が表れます。

不健康は悪玉菌が優勢になり、腸内腐敗が起こることです。すなわち腸内がアルカリ性になることです。

この悪玉菌の大好物は肉類、脂分です。

一方、健康は善玉菌が優勢になり、腸内発酵が進むことになります。こちらは腸内が酸性になることです。

善玉菌の大好物は乳酸菌製品、オリゴ糖、食物繊維になります。

すなわちおなかをきれいにすることが健康になることができるということです。
腸内細菌が健康を左右すると言えます。

 

看護師転職サイト「ナース人材バンク」の評判