消費者金融の歴史

消費者金融と言えば、今はそれほどダークなイメージもなくて明るいイメージが定着しつつあるのですが、かつての消費者金融というのはかなり暗いイメージがついていました。消費者金融というのは、もともとは業者が個人に小口融資をしていたのがきっかけですが、消費者金融の1960年代位から1970年代にかけて営業をスタートさせています。

このくらいが消費者金融業のスタートといえるのですが、当時は今ほど法律が整備されていなかったこともあり、闇金と言っていいくらいの高い金利でお金を貸していたとされています。

そして消費者金融の取り立ても、とても厳しく行われていたといわれています。今でも消費者金融と聞くとあまりいいイメージを持っていない人は多いのですが、やはり消費者金融の歴史を振り返ってみてもいいイメージがついてきたのはここ数年の話のようです。1970年代ごろの消費者金融は消費者金融とは言われずにサラ金と呼ばれるのが主流でした。

そして取りたてが激しいことや、金利の高いことなどが連日のように報道されることで消費者金融業界というのはかなりイメージが悪くなりました。今でも法定内での金利で商売をしていない消費者金融もありますから、まだまだダークなイメージやネガティブなイメージを持っているという人は多く見られます。消費者金融は、そんなイメージを排除するために色々と明るいイメージのコマーシャルなどを放送してきました。

1980年代に入ってからは、健全な事業の育成をしていたためにイメージの改善を図ってはいるみたいです。たとえば犬をキャラクターにしたり、有名女優やモデルなどをイメージキャラクターに起用するようになってから、かなり消費者金融のイメージもアップしてきたと思います。やはりテレビなどの宣伝効果は大きいといえるかもしれませんね。
消費者金融がポケットティッシュを配って宣伝をするという光景も板についていますが、あれも一種の企業戦略でイメージアップにつながっていると思います。
http://アコム時効.com